再婚&バツイチおうえんネット 中高年 婚活 オススメ 婚活サイト 再婚&バツイチおうえんネット

シングルマザー 慰謝料請求 離婚相手 相場

  • 慰謝料請求について
  • 請求できる慰謝料の相場を知っておこう

何らかの問題があり、結婚生活を続けていくことが困難になった場合、シングルマザーへの道を選択する方も少なくありません。

その場合、離婚理由によっては、しっかりとした慰謝料を請求することができます。

今回は、シングルマザーとして生きて行く決心をした方が、離婚相手い請求つすることができる慰謝料の相場についてご紹介したいと思います。

離婚の慰謝料とは?

離婚の慰謝料とは、開いてが浮気をしたり、暴力をふるったり、相手の有責行為により、受けた被害者の心の痛みや精神的苦痛を回復するために支払われる費用を指します。

離婚の慰謝料を請求できるのはどんな場合?

不貞行為

キャラ

婚姻している間に、配偶者が別の異性と肉体関係を持つことで、離婚の慰謝料を請求することができます。

肉体関係がない場合は不貞行為とみなされません

その為、デートするだけの関係は、不貞行為ではないとされます。

また、一度だけの不貞行為の場合は、慰謝料請求を行うことはできますが、低額であることが多いです。

不貞行為による慰謝料請求については、確固たる証拠が必要となります。

写真やメール、LINEなど、何でも構いません。

しっかりとした証拠を出すことで、慰謝料が高額となる場合があります。

DVやモラハラ

キャラ

身体的暴力や、相手から実際に暴力をふるわれていた場合は、離婚による慰謝料請求が可能です。

また、身体的な暴力だけではなく言葉による暴力により、精神的苦痛を受けた場合は、その程度により慰謝料請求が可能となります。

悪意の遺棄

キャラ

悪意の遺棄とは、わざと夫婦の協力義務を行おうとしない行為を指します。

悪意の遺棄の具体例
  • 妻子を放置し、愛人との生活を送っている
  • 生活費を渡さない
  • 家に帰ってこない
  • 働かない

このような場合は、離婚による慰謝料請求が可能となります。

セックスレス

キャラ

夫婦の性交渉については、互いに義務であると言われています。

相手に病気など、特別な理由がない限りは、性交渉を拒否し続けることは、離婚への慰謝料請求に繋がることになります。

ただし、婚姻生活が破綻したのは、互いの責任で生じた場合や、どちらが悪いとも言い難い場合は、互いに慰謝料の請求話といった計画になる場合があります。

離婚の慰謝料を相場以上で獲得するには?

「離婚することになったのは自分のせいではない。だから、離婚の慰謝料は請求したいと思っている」「離婚の慰謝料を請求するもいくらだと言えば良いのか分からない」など、離婚の慰謝料を請求するときは、このような思いは必ず誰しも思うことでしょう。

そこで、実際には慰謝料の相場とはどれほどであるのかをご紹介するとともに、ぜひ、今後の参考にしていただければと思います。

離婚の慰謝料の相場とは?

キャラ

離婚の際の慰謝料と言えど、実際には一体どれほどの金額が相場であるのかは意外と知らないものです。

ここでは、慰謝料のおよその相場を取り上げ、ご紹介したいと思います。

「責任の程度」や「婚姻年数」が重要

【離婚に至る責任が軽度である場合】
  • 1年未満:100万円
  • 1~3年:200万円
  • 3~10年:300万円
  • 10年~20年:400万円
  • 20年以上:500万円
【離婚に至った責任が中度の場合】
  • 1年未満:200万円
  • 1~3年:300万円
  • 3~10年:500万円
  • 10年~20年:600万円
  • 20年以上:600万円
【離婚に至った責任が重度の場合】
  • 1年未満:300万円
  • 1~3年:500万円
  • 3~10年:700万円
  • 10年~20年:900万円
  • 20年以上:1000万円
【ケース別の慰謝料の相場】
  • 不貞行為(浮気・不倫)の場合
    100万円~500万円
  • 身体的・精神的暴力の場合
    50万円~300万円
  • 悪意の遺棄の場合
    200万円前後
  • 性交渉の拒否(セックスレス)の場合
    150万円~300万円

離婚の慰謝料が高くなる場合

  • 婚姻期間が長い
  • 相手の経済力がある
  • 未成年の子供がいる
  • 精神的苦痛や肉体的苦痛が伴う
  • 慰謝料を受け取る側に経済力がない
キャラ

離婚の際、慰謝料が高くなる場合について調べてみると、婚姻期間が長い場合や、相手に経済力がある。

また、未成年の子供がいる場合、そして、精神的苦痛や肉体的苦痛を与えられ続けた場合や、慰謝料を受け取る側に全く経済力がないといった場合です。

不貞行為の場合で慰謝料が高くなる

キャラ

相手が不貞行為をした場合は、慰謝料が高くなる傾向にあります。

  • 不貞行為の回数が複数回と多い
  • 不倫期間が長い
  • 不倫相手が妊娠した場合や出産した場合
  • 相手が不貞行為を行ったという事実を知ってうつ病を患った

身体的暴力や精神的暴力で慰謝料が高くなる

キャラ

相手がDVやモラハラを行った場合、慰謝料が高くなることがあります。

  • 身体的暴力や精神的暴力の回数が多く、期間が長い
  • 身体的暴力や精神的暴力による後遺症の程度が重い
  • 身体的暴力や精神的暴力によりうつ病を患った

悪意の遺棄で慰謝料が高くなる

キャラ

相手が悪意の遺棄をした場合、慰謝料が高くなることがあります。

  • 悪意の遺棄による別居期間が長い
  • 相手に正当理由なく悪意の遺棄がスタートした
  • 妻に収入がないのに生活費を渡さない
  • 夫が働けるのに働かない、働こうとしない

セックスレスで慰謝料が高くなる

キャラ

相手がセックスを拒否した場合、慰謝料が高くなることがあります。

  • 正当理由なく性交渉を拒んだ
  • 婚姻前に性交渉不能の事実を告知していない
  • 婚姻期間中に一切の性交渉がなかった

慰謝料を多く支払ってもらう為の交渉方法

【相手側が離婚を望む場合は希望額になるまで待つ】

相手側が離婚を望む場合は、あなた自身が合意しない限り離婚は成立しません。

つまり、相手側があなたに離婚をお願いしている為、あなたが有利な立場に立ちます。

キャラ

この立ち位置を利用して、相手に高い慰謝料を請求し、合意するまで粘り強く待ちましょう。

相手は離婚したくて仕方がない為、離婚できるなら、相応の金銭の支払いをしようという心理的部分が働くことで、相場の慰謝料よりも高めの慰謝料を受け取ることができる可能性が高いと言えます。

ただし、あまりにもあり得ない高額な慰謝料を請求してはいけません。

高額すぎる慰謝料に納得いかない相手側は、感情を抑えることができず、裁判で決着をつけなければいけなくなります。

それはお互いに心身ともに疲れる為、できるだけ避けるように円満離婚につながるようにしましょう。

【希望よりも高めの金額で請求する】

初めから相場相応の金額で交渉することで、それよりも低い金額になる可能性がある為、相場より少し高めの金額を請求し、少しずつ下げる方向になることもあります。
キャラ

ある程度の妥協も必要なことがあります。

まとめ

いかがでしたか?慰謝料請求には様々なポイントがあるんですね。

特に、その理由によっては慰謝料を高く請求することができたり、子供のことを思って、きっちりとした費用の内訳を出すようなタイプの人もいます。

キャラ

慰謝料は必ずもらえるものであることが多い為、支払い能力のある相手であれば、なおさらきちんと最後は綺麗に話し合いを行うことで、納得いく離婚ができるよう、しっかりと慰謝料の相場を知っておくようにしましょう。

離婚・再婚に関する悩み相談については、以下のブログ記事も参考にしてください。

>>死別したシングルファザーとの再婚は難しい?再婚条件を決めておくべき?

>>父子家庭の再婚には反対?子供の気持ちを無視すれば再婚は失敗する?

>>シングルマザーに幸せな再婚は無理?再婚しない生き方&メリットまとめ

>>【シングルマザーの慰謝料請求】離婚相手に請求できる慰謝料の相場は?

再婚&バツイチおうえんネット 中高年 婚活 オススメ 婚活サイト 再婚&バツイチおうえんネット